2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

参加中です♪

お知らせ

  • 当ブログは、リンクフリーですが、画像等の無断転載・使用はご遠慮下さいませ。
  • トラックバックは承認制です。本文と関係のないもの、商品の宣伝等は、お断りしています。

駿's birthday's cakes

  • 駿15才
    駿のバースデーケーキ。

彗's birthday's cakes

  • 彗12才
    彗のバースデーケーキ。

« おやついろいろ | トップページ | レクポスト棚 »

2007/02/05

優しいスコーン

         337  

以前から気になっていたレシピで、スコーンを作りました。

レシピは、1月21日付けの朝日新聞に掲載されていた「上田悦子さんのスコーン」です。

記事によると、自宅でお菓子教室を開いていた上田さんは、阪神大震災の日も、教室でスコーンを焼く予定だったのですが、震災に遭いました。食器棚から、何百枚もの皿やカップが落ち、割れた様子に胸がつぶれる想いだったそうです。でも、近所の住民同士で、助け合っている姿を見て、自分にも何か出来ないかと、用意してあった材料でスコーンを焼き、配って回られたそうです。その後も炊き出しなどの、ボランティアに積極的に参加されたそうです。

そんな優しい女性の作ったレシピで、おやつタイム。普通におやつを食べれることに感謝しながら、頂きました。

340 サワークリームの入るレシピで、バターは気持ち少なめです。

特に成型に工夫しなくても、しっかりとした「オオカミの口」が出来ました(o^-^o)

そのオオカミの口にスプーンを差し込んで、クリームとプラムのジャムをたっぷりのせて、食べました。

素朴で、優しい味。震災の避難先で、これを食べた方は、どんな気持ちだったでしょうか。

とっても素敵なレシピをありがとうございました。

上田悦子さんの本です。

« おやついろいろ | トップページ | レクポスト棚 »

コメント

katzさん、こんにちは♪
素敵なレシピにスコーンですね。

今は、昔の姿を取り戻したかのような神戸ですが、
傷はまだまだ癒えていないようです。
私自身、震災があった時は、大阪市内に一人暮らししていたのですが、
はるか遠くから聞こえてくるゴォーという地鳴りと、
激しい揺れに、最初は何が起きているのか、なかなか理解出来ませんでした。

天災は防ぎようがありませんが、
阪神大震災の事は、忘れずに心に刻んでおこうと思っています。

おはようございます(o^-^o)
私も震災の年の3月に、大阪に引っ越したので、
震災後の神戸に、何度か立ち寄っています。
高松も震度5のゆれがあったので、すごく怖くて、たまらなかったけど、
被災した人の怖さは、想像を絶するものだったでしょうね。

>天災は防ぎようがありませんが、
阪神大震災の事は、忘れずに心に刻んでおこうと思っています。

ホント、その通りだと思います。
子どもたちにも、折に触れて話していきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154495/13796731

この記事へのトラックバック一覧です: 優しいスコーン:

« おやついろいろ | トップページ | レクポスト棚 »

無料ブログはココログ